慢性疼痛や不快症状の主な原因は、深層筋のコリにあることが多いです。そして、筋膜由来の痛みもしかりです。一番表層部にあるボディスーツのような組織である浅筋膜から筋全体のミクロン単位1本の繊維を包む筋内膜、さらに骨を包む最深部の骨膜まですべて連動しているからです。なので、最深部の筋膜や筋層が固まると、すべて連動しているので表層部にもなにかしらの問題が発生してしまいます。はりらっく2では、深層への鍼でのアプローチにより筋膜の癒着や硬結を取り除きます。経絡治療など浅く刺す鍼灸院や大学病院のペインクリニックなどで変化が見られなかった、難治性と診断されたような痛みであっても、短期間で完治、改善させることが可能です。神経学や解剖学に基づく、鍼治療をおこなっています。当院では一人でも多くの患者様が一刻も早く辛い症状から解放されるよう日々研磨しています。だるさやスポーツ障害や婦人科疾患、他にも手術後のリハビリや予防医学的な血流改善、体質改善、免疫力向上、自律神経安定、不眠症、冷え性、不妊症、線維筋痛症などにも効果的です。

一般に、鍼灸療法は肩こり,腰痛、神経痛、関節炎ぐらいにしか効果が無いように思われがちですが、多くのつらい症状や病気に効果があります。

最近、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表しました。
鍼灸療法で有効性がある病気には、次ぎのものがあります。

【神経系疾患】◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

など

鍼灸は何故効くのですか?

簡単に説明すると、刺した箇所の血流が改善するためだとおもいます。当院では、後天的な病気は95%くらいの原因は血流不全によるものが多いと考えています。血液は筋肉や神経などすべての細胞に栄養を運びます。なので、血流不全がおこるとその近辺の細胞、臓器が機能低下、不全となり、なんらかの病名がつく疾患、もしくは原因不明の病気などにつながると考えています。